リビングルームなどに絨毯をひいている家庭がありますが、絨毯は冬場はとても温かいので、素足で歩いても良いものです。しかし、絨毯がひいてないフローリングの床はとても冷たく、素足などで歩くと足がヒンヤリしてしまい、とても冷たく感じるものです。そのため、フローリングの床には絨毯をひいて上げるか、それとも床に暖房設備を導入するかと言う選択肢になるわけです。しかし、夏場は逆に絨毯があると暑苦しく感じるものです。そのため、夏場は冬場使っていた絨毯をしまい、フローリングの床が見えるようにする人も多いものです。しかし、じゅうたんは、2畳ひき程度の大きさでしたら収納もそれほど大変では有りませんが、8畳もの大きさを持つじゅうたんですと、それを収納する場所はどこになるのか、と言う事になるのではないでしょうか。使っていない部屋があれば、その部屋に丸めて置いておく事も可能ですが、使っていない部屋が無い場合はどうしているのでしょうか。


収納のレンタル出来る部屋を借りて、そこにおいて収納をしておく方法、押入れの奥に無理矢理入れる方法。しかし、押入れの置くに無理矢理入れると言っても、8畳びきなどのじゅうたんは収納出来ませんから、夏場でもそのままの状態にしておくか、リビングの片隅においておくしかないわけです。いずれにしても、大きさなサイズのじゅうたんは収納にとても困るものでもあるわけですが、収納を行う場合などでは一旦綺麗に掃除をしてからしまいたいものです。高価なじゅうたんなどの場合は、自分で掃除をすると言うよりも、クリーニングに出して綺麗にして貰うというケースが多くなりますが、安価なものでしたら、表面や裏側を綺麗にしてから丸めてしまうと言う事を行うケースが多くなります。しかしながら、大きさなサイズの絨毯は重量もありますので持ち歩く事もままなりません。2人1組で行ってもかなりの重さになりますし、それを収納スペースに入れると言う事もかなり大変なことなのです。そのため、夏場でも絨毯はそのままの状態にしているケースが多くなります。絨毯の裏側はとても汚れが多くなると言いますので、定期的に裏側を綺麗に掃除をしてあげる必要があります。絨毯を掃除する時に利用する物として重曹があります。


重曹を使う事で、ダニの原因となるほこりなどを綺麗に落とす事が可能になります。また、重曹を使う事で絨毯に付いている臭いを消す事も出来ると言います。